KEDDERUケッデル結果でる!エンビロンを通してツヤ肌に!

ニキビに お悩みの方へ

思春期ニキビと大人ニキビ

ニキビには、2つの種類があります。 「思春期ニキビ」は、男性ホルモンによって皮脂分泌が増すことで毛穴がつまりやすくなってできるニキビです。一般的に10代半ばから後半によく見られます。

一方、成人以降にみられるのが「大人ニキビ」です。このニキビは、ホルモンバランスの乱れや免疫能の低下、不規則な生活習慣、ストレス、肌の乾燥など、さまざまな原因が複雑に関わってあらわれます。皮膚の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーのリズムが乱れると、古い角質が溜まり、毛穴がつまってニキビができやすくなるのです。

これら2つのニキビはできる部位に違いがあります。思春期ニキビは、皮脂分泌の多い額や鼻をはじめTゾーンから頬までの広範囲にわたってあらわれるのに対し、大人ニキビはあごやフェイスラインなど、男性のヒゲの生える場所にできやすい傾向があります。

また、思春期ニキビは皮脂の過剰分泌が原因であるため、皮脂の量を減らしつつ水分量を適度に保つことがポイントになりますが、大人ニキビのケアは、食生活や睡眠などの生活習慣を規則正しくするとともに、ストレスを溜めないように心がけることが大切です。

ニキビができるメカニズム

ニキビはどのようなプロセスを経てできるのでしょうか。いずれの種類のニキビも、なんらかの理由で毛穴がつまってしまうことが原因です。

【STEP1】ホルモンバランスの乱れや不規則な生活習慣、ストレスなどが原因で、皮膚のターンオーバーがスムースに働かなくなってくると、角質の細胞はいつまでも剥がれ落ちずに堆積します。すると、角質は固く、分厚くなって「角質肥厚」という状態になり、毛穴がつまりやすくなるのです。

【STEP2】毛穴がつまると、皮脂は毛穴を伝わって皮膚の外に出られなくなり、溜まってしまいます。すると、そこへ、ニキビのもとになるアクネ菌が集まって増殖してくるのです。

【STEP3】アクネ菌が増殖すると、酵素の働きで遊離脂肪酸という悪い脂を生成します。さらに、アクネ菌を攻撃するために白血球も集まってきます。この遊離脂肪酸と白血球から活性酸素が発生し、毛穴の壁を攻撃して炎症を引き起こし、盛り上って赤いニキビになるのです。さらに化膿すると黄色いニキビになり、炎症が周囲や深部に拡大してくると、治ったあともシミや凹凸の原因になってしまいます。

①毛穴がふさがる

DSCN0538 

②皮脂がたまる

DSCN0543

③アクネ菌が増殖し、炎症が起こる

DSCN0541

  

2つのアプローチが必要

ひとつは、ターンオーバーを促し保湿することが重要です。ターンオーバーが遅れたり、水分が不足すると肌は乾燥し角質が厚くなり、毛穴のつまりにつながるため、定期的なピーリングと肌の保湿するのがおすすめ。保湿することで肌が柔らかくなり、毛穴がつまりにくくなります。

2つめは、ビタミンAとビタミンCを肌に浸透させること。ビタミンAには皮脂分泌をコントロールしターンオーバーを促進させる効果があります。ビタミンCには、環境要因での活性酸素を除去したり、皮脂コントロールのサポートが期待でき、ニキビの予防やケアにも効果的です。

KEDDERUでは

ケッデルでは皮脂トラブルに効果的な方法があります。
みなさん改善され、割と早い段階で
ニキビができにくくなり、ニキビによる色素沈着なども改善されます。
今まで、ニキビのためのコスメは、乾燥して。。。と言われる方も、
乾燥がなくなり、いい状態となっています。
お気軽にご相談くださいませ。

オススメのトリートメント

皮脂トラブルコース 70分¥9720  8回コース¥54000円(ホームケア購入された方)

オススメのホームケア(ニキビのタイプにより異なります)

クリアスキンウォッシュ¥2700

クリアスキンローション¥3240

LACマスク1  ¥4320

モイスチャーエースオイル ¥8640

ラドローション ¥3348。。。。。。。。。。計¥22248(約2か月分)

お気軽にお問い合わせください。 TEL 076-209-6080 10:00〜19:00
(受付、時間外対応)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE